大敵!クマはデメリットだらけ!

 

【クマのデメリット】

 

  • 寝不足に勘違いされる
  • 元気がなく、疲れたように見える
  • 老け込んでみえる

 

など、目の下のクマは百害あって一利なしです。

 

今回はそんなあなたのために、目の下の”クマ&たるみ&小じわ”対策用の化粧品、アイクリームをご紹介します!

 

※返金保証ありのクリームもあります

 

アイクリームおすすめランキング!

 

アイキララ

 

 

  • 返金保証:25日以内
  • 内容量:10g(※1か月分)

  • 定期:2,682円
  • 単品:2,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のクマが気になる人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人
  • 肌の弱い人

 

アイキララは着色料、保存料、防腐剤フリーで、天然のやさしい成分を使っています。

 

また、使ってみて肌に合わない場合、全額返金保証もあるため、安心です。

 

 

デメリットは?

 

ゆうパケットでポストへ投函してくれますが、181円の送料がかかります。

 

また、アイキララにはレチノールは配合されていません

 

 

ビーグレン トータルリペアアイセラム

 

 

  • 返金保証:365日以内
  • 内容量:15g(※1週間トライアル)

  • トライアル:1,800円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のしわ・たるみに不満がある人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • トライアルで試してみたい人
  • 保湿力を重視している人

 

 

ビーグレンは365日の全額返金保証を打ち出すほど、自社の商品に自信があるメーカーです。

 

アイクリームを使って初めて実感できた!という口コミもあるほど人気があります。

 

デメリットは?

 

トライアルは安いですが、本品のセットは約12000円するため、やや高額です。

 

 

アテニア アイ エクストラ セラム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:14日間セット

    アイエクストラセラム15g
    エイジングケアラインドレスリフト 14日セット
    目元のツボシート

  • 初回:3,291円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のくぼみ・小じわ・たるみが気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • そこそこのリーズナブルをクリームがいい人
  • 乾燥が気になる人

 

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

 

MUNOAGE リペアアイクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:10日間お試し

  • 初回お試し:980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目の周りの皮膚が薄く・乾燥が気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • 無添加のアイクリームがいい人

 

MUNOAGE リペアアイクリームは”シワ治療の認定指導医”との共同開発した目元用のクリームです。

 

また、通常価格は2160円なので、アイクリームの中ではお手軽といえます。

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

 

クマQ&A

 

クマのぬいぐるみ

 

茶グマができる原因とは?

 

目の下の茶グマはくすみや色素沈着がその正体であることが多いです。ですからくすみや色素沈着ができる原因が、茶グマができる原因だと言えます。その原因として挙げられるのは、ひとつは肌の代謝であるターンオーバーの滞りで、もうひとつは外的刺激です。まずターンオーバーですが、これが正しく行われていれば古い角質と共にくすみなども剥がれ落ちていくので、茶グマになりにくいと考えることができます。それから外的刺激と言うのは、たとえば紫外線ダメージや目の下を擦ったりすることです。こうした刺激により、肌は自らを守るためにメラニン色素を活性化させます。その結果、メラニン色素が沈着してしまい茶グマとなってしまうと言うメカニズムです。この場合、更にそこにターンオーバーの乱れが加わると、より茶グマの程度が酷くなることが予想されます。このふたつの原因に働きかけるには、まずターンオーバーの周期を整えるために、質の良い睡眠をとること、また目の下にもたっぷりと潤いを与えることが効果的です。それから目の下に対しての外的刺激から、その肌を守ることも対策です。たとえば日焼け止めをしっかりとこの部分にまで塗ること、また美白成分が配合されているアイケア製品を利用することなどが、その方法としては挙げられます。

 

黒クマが目の下にできる原因は?

 

女性にとって目の下のクマは老け顔の原因にもなりますので、できる限り予防したいものですよね。

 

その中でも黒クマは、最も改善しにくいクマの種類だと言われているため、予防法をしっかりと覚えておきましょう。
そのためには、黒クマができる原因とその正体をしっかりと把握しておくことが重要です。

 

では黒クマの正体は一体何者なのでしょうか?

 

それは、ズバリ目の下のたるみです。

 

え?たるみがどうしてクマになるの?と思われるかもしれませんが、厳密に言えば目の下の皮膚がたるむことでそこが影になります。この影こそが黒クマの正体です。

 

つまり、黒クマにならないためには目の下のたるみを防ぐことが重要だということです。

 

基本的に目の下というのは皮膚が最も薄い部分であり、外的刺激に最も敏感な部分です。

 

肌の奥には弾力繊維というものが張り巡らされており、この弾力繊維は肌をこすったりする外的刺激によって曲がってしまいます。また、目の周りの眼輪筋と言われる筋肉が衰えることによってもたるみは生じ、この筋肉の衰えは主に老化が原因だと言われています。
つまり、黒クマを防ぐためには目の下のたるみを予防すること、すなわち目の下の皮膚はとても薄いということを自覚してクレンジングの際に力を入れてこするなどの刺激になる行動は控えること、さらには眼輪筋を鍛えることが大切です。

 

 

 

青グマが目の下にできる原因は?

 

朝起きて「寝不足かな」ぐらいの軽い気持ちで鏡を見た途端、目の下の青グマにギョッとしたことはありませんか。

 

くっきりとついた目の下の青グマが現れたなら、原因の一つはまず血行の問題です。クマといえば「寝不足」と言われ、
それも間接的には影響していると言えるかもしれませんが、最近の生活には不可欠となったスマホの見すぎ、使いすぎに当てはまれば血行悪化です。

 

スマホは一旦オンにすると一日中触ってしまうもので、特に移動中や就寝前などは余裕があると安心しきってしまい、長時間使用。

 

気がつかないうちに凝視して、目の周辺はかちかちの状態になっています。スマホは使ってないと言う人でも、一日中パソコンとの睨めっこを繰り返しているなら似たような状態です。

 

体のどの部分でもそうですが、筋肉が固まり、血液の循環が悪くなると回復させるには手も時間もかかります。特に目の周りになると、意図的に動かすのも大変です。

 

まずは目の下からこめかみや目頭など全体を軽めに押したりゆるめたり、またゆっくりと動かしてマッサージすることを一日に数回繰り返すだけでも効果はあります。

 

青グマができるほどの状態ならきっと頭部全体にも凝りがあるはず。目をホットタオルで温めるのも気持ちがいいですが、まずマッサージで血行をよくすることからです。

 

 

 

目の周りのたるみの原因とは?

 

目の周りのたるみの原因は年齢による筋肉の減少とまぶたを支えている部分が劣化することです。たるみは顔の筋肉を鍛えることで予防することができますが、まぶたが下がってきている場合は手術をするしか治す方法はありません。年齢が高くなるに連れて顔の筋肉がゆるんでしまうので、目が垂れ下がるようになります。顔の筋肉は数が非常に多いので、毎日マッサージをしたり、鏡を見ながら笑顔を作る練習をすることで少しずつたるみを無くすことができます。
目の周りの筋肉はピント調整機能もあるので、目が悪くなるとたるんでしまうことがあります。また花粉症などで目を掻いてしまっている人はまぶたを支える細かい筋が減ってしまうので、加齢によって垂れ下がり気味になります。目の周りのたるみというのは、顔を老けさせてしまうので、顔の筋肉を毎日マッサージして、血行を良くしたり、柔軟にしておくことが大切です。
目の周りのたるみの原因として考えられる習慣としては、喫煙があります。喫煙をすると血管が収縮するので、血液の流れが非常に悪くなります。そのため深いシワができるようになり、目の周りを年齢よりも老けさせてしまいます。たるみとシワはどちらも顔を老けさせる要因になります。"

 

 

 

 

 

脱毛もおすすめだよ!

 

VIO脱毛は横浜ランキングで